中国ビジネスの不思議
*
ホーム > エリア > 任意による手続き

任意による手続き

任意整理というのは一般的に債務の整理と言われそれらの債権者に債務の返済を行うことを選択する債務を整理する方法となります。

一般的な手続きとしては司法書士の資格者とか債務処理経験のある弁護士債権を有する者と借り手の仲介役として示談し、利息を定める法律に従い利息の適用し直しを実行して再度計算した借り入れた元金について金利を減額することによって36か月くらいの期日で返済をしていく借金整理順序です。

 

任意による整理は簡易裁判所などといった公の機関が関与しないためにこれ以外の手続きと比べた場合でも、選択した際における不利益が最小で過程そのものも依頼人に重荷がないため、メインとして比較検討したほうがよい方法になります。

 

それに、債権を有する者がヤミ金に類する大変高額な利息だったら法律で決まっている利子を超過して払い込んだ借入金利分においては借金の元金に充当できると考えて元金それそのものをカットすることだってできます。

 

ということから、ヤミ金みたいな高い利息を取る業者に対して長期間返済してきた例ではある程度の支払額を免除できる場合もありますし、10年近く返してきたケースでは借金そのものがなくなるようなこともあります。

 

借金の整理の利点ですが自己破産とは違い特定の負債のみを整理していくことができますので他の連帯保証人が関係している負債を除いて処理したい場合や住宅ローン以外で手続きしていく際などでも使用することも可能になりますし、全ての財産を処分する必要がないので貴金属や不動産などの自分名義の財産を所有していて、手放したくない場合などでも選択肢になる債務整理の手続きといえるでしょう。

 

しかしながら、手順を踏んでからの返済に必要となる額と現実の可処分所得を比較検討して、適切に返済が見通せるのであればこの方法を選択することは問題ありませんが破産宣告とは違って返済義務が消滅してしまうということではないため、負債の金額が大きい場合においては、任意整理による手続きを踏むのは困難だということがいえるでしょう。